「もう付き合いきれない…」 疲弊してしまった彼の言動3選

こんな彼氏なら、早めに別れたほうがいいかも…。

喧嘩するカップル
(fizkes/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

「関係が壊れないように頑張ったけど…もう無理…」と、彼の言動に心底疲れて別れを決めたことがある女性も少なくないはず。

そこでfumumu取材班は、疲弊してしまった彼の言動を聞きました。


■しょっちゅう電話をかけてくる

「昔、2個下の彼氏と付き合っているとき、私が会社員で彼が学生をしながらアルバイトをしている状態だった。


毎日仕事に忙殺されているのに、そんなのお構いなしでしょっちゅう電話をかけてくる彼に嫌気がさし、ケンカして破局。


彼が勉強もバイトも一生懸命で忙しい人だったらまだよかったのかもしれないけど、親からお金をもらっていたこともあり、バイトをサボって友達と飲み歩いたりお気楽な生活を送っていた。


忙しさのレベルが違う人と付き合うと疲れる」(30代・女性)


関連記事:もしかして浮気? SNSでの「疑わしい彼氏の言動」

■なんでも悪い方へ考える

「元カレがなんでも悪いほうへ考えるタイプだった。起ってもいないことで不安になり、悪い妄想を広げてひとりでウジウジするから、毎回のように励ましたり、勇気付けたりしなきゃいけなくて…。


彼と一緒にいると笑顔よりもため息が多くなっていることに気づき、こっちまで負のほうへ引っ張られるから別れた」(30代・女性)


■こっちの予定を一切考慮しない

「交際前からちょっと我が強いなとは感じていたが、交際したらもっと我が強くなった。向こうから『〇日に会おう』と言ってきたくせに、数日前に『〇日が無理になったから、□日で』と勝手に予定変更…。


『その日予定があるから無理』と返事を返すと『だって俺は□日しか空いてないんだもん。そっちが予定をずらせば問題ないじゃん』と、人の予定を全く考慮しないクズっぷり。


ムカついたから、その日会う約束だけしてブロックした」(20代・女性)


「彼氏がほしー!」と思って恋活に躍起になり、いざ付き合ったらやばい男だった…では、後悔が大きいですからね…。

そうならないためにも、ある程度は中身を見てから付き合いましょう。付き合ってからクズっぷりに気づいたら、我慢せず早めにサヨナラを。

・合わせて読みたい→貸した10万円とともに消えた… 底抜けのクズな彼氏にされたむごい仕打ち

(文/fumumu編集部・美佳

サザカップオン クリスマスブレンドアソート9P(12g×9袋)季節限定コーヒー ドリップバッグ 珈琲 ブレンド【Amazonでチェック】

おすすめ記事