「優しくていい人なんだけど…」 2回目のデートをお断りした理由

こういう相手とは、もうデートしたくないかも…。

女性
(AntonioGuillem/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージです)

もともと知り合いで、そこから仲良くなりデートするようになったという場合、拍子抜けするような相手の一面を知ることはないでしょう。

ですが、アプリなどで知り合った場合、アプリ上のプロフィールやメッセージのやりとりではわからなかった意外な面が露わになることも…。メッセージ交換では盛り上がったのに、実際にデートしてみたら「無理だわ…」となった女性もいるはず。

そこでfumumu取材班は、2回目のデートをお断りした理由について聞いてみました。


■30過ぎてカラコン…

「優しくていい人っていうのは十分伝わってきたけど、目がカラコンだった…。30歳過ぎたいいオトナが、ブルーだかグレーだかのカラコンをつけている。


目に違和感がありすぎて、顔を見ているのがツラかった。本人的にはイケてると思っているんだろうね。仮にカラコンするにしても、黒とか茶色とか違和感ない色にしてほしいかな」(30代・女性)


関連記事:男子がデートを断るのは、ごめん避けや忙しさだけじゃない? 意外な理由とは

■苦手なタレントのファンだった

「相手が自分の苦手なタレントのファンだった。誰を好きになろうがその人の勝手だけど、なんでよりによってそのタレントのファンなんだろ…。


熱く語られてもまったく共感できないわー…。デートをお断りした理由がタレントって…私、心狭いのかな?」(30代・女性)


■「キミ」と呼んでくる

「名前があるのに『キミ』呼びされた。『オマエ』よりはいいけど、不愉快にはかわりない。


なんか見下されている感じもしちゃって。たぶん彼に彼女ができない理由はコレなんだろうなぁ。


誰だってキミ呼びされたら、『え…?』って戸惑うと思う。普通に『〇〇さん』って呼べばいいのに。名前で呼ぶの恥ずかしいのかな?」(20代・女性)


食べ方が汚かったとか、1円単位で割り勘する人だったとかではなく、イレギュラーな理由で2回目のデートをお断りしたことがある女性もいるはず。

1回目でモヤッとしたのなら、無理に2回目のデートをする必要はありません。丁寧に断り、次に行きましょう。

・合わせて読みたい→交際前に「やっぱいいや…」と冷めた男子の言動

(文/fumumu編集部・美佳

たねや 詰め合わせ たねや 福寿芋9個入  季節限定 ご進物 + 花菓匠あられ2袋セット【Amazonでチェック】

おすすめ記事