健康的なエッチのために… オトナだからこそ心得ておきたいこと

エッチを楽しむためにも、普段からの自己管理が必須。

ベッドの上の女性
(bee32/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

エッチの場数をそれなりに踏んでいる人なら、一度くらいエッチのせいで後悔をしたことがあるはず。

一部ではエッチは美容や健康にいいとも言われていますが、時にエッチのせいで健康を害することだってあるんです。

そこでfumumu取材班は、健康的なエッチのために心得ておきたいことを聞きました。


■基礎体温と生理周期のチェック

「基礎体温を測らない人も多いけど、測ったほうがいいし、生理周期もメモしておいたほうがいい。自分の異変にすぐ気づけるし、妊活のときにも役立つ。


あと病院に行った際、医者に基礎体温と生理周期を聞かれて答えられないと、『えー…』みたいな顔されやすいしね。今は便利なアプリも多いから、メモしておくと何かと便利よ」(30代・女性)


関連記事:いや…今ちょっと無理…! どうしてもエッチしたくないタイミング

■さみしさを体で埋めるのはダメ

「性欲が上がり、さみしさゆえにそんなに好きでもない男と寝る人もいるが、エッチでさみしさを埋めようとしないほうがいい。


結局、それってその場しのぎでしかない。まぁ、ある程度割り切れるのならいいと思うけど、あとから自己嫌悪に陥ったりするのなら、やめたほうがいい。


恋人がいないときに、『さみしい!』『エッチしたい!』ってなったら、その辺の男じゃなくて自分でしたほうが、いろんな面で安全な気がする」(20代・女性)

続きを読む ■パートナーとの対話

おすすめ記事