東京湾を眺めながら黒ラベルを堪能! 「サッポロビール千葉工場」のススメ

暑いからこそ染みわたる! ビール工場でビールを飲みませんか?

サッポロビール千葉工場

まだまだ猛暑がつづきそうな今年の夏。先日、fumumuでは、オススメのビール工場を紹介しましたが…これはもう体験するっきゃない!

早速取材班は、紹介されているビール工場のひとつ、今年で30周年を迎える「サッポロビール千葉工場」に行ってきました!

 

■無料シャトルバスで「サッポロビール千葉工場」へ!

駅からは遠い場所にあることが多い工場。「工場見学には興味あるけど、駅からの距離が遠そうだなぁ~」と腰が重くなっている方もいるのでは?

「サッポロビール千葉工場」には、JR3駅と京成本線1駅と4つのルートから無料シャトルバスが送迎してくれます。アクセスしやすい駅をチョイスできるのは嬉しい!

ビール工場でビールをグビグビできちゃう…心躍らせながら「SHIRASE5002&新・黒ラベルツアー」スタートです!

サッポロビール千葉工場

 

■「SHIRASE5002」船内を見学

まず、現地に到着したら南極観測船「SHIRASE」の見学からはじまります。

サッポロビール千葉工場

1983年から2008年までの25年間にわたり、日本と南極にある昭和基地との間を往復し、砕氷船として南極に観測隊を送り届けてきた、日本で三代目となる「しらせ」。

2008年に引退してから「SHIRASE」に改称し、現在では今回のようにサッポロビール千葉工場とのコラボレーションツアーなどで船内を見学できる場を設けています。映画やドラマの撮影場所としても利用されているそうですよ!

事前にシャトルバスの中のパンフレットで、全長134m、幅28mの情報は得ていましたが、実際の「SHIRASE」を目の前に出てきた言葉は「デカッ!」のひとこと…圧倒されました。

次ページ ■船内には絶景スポットも

この記事の画像(13枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!