明石家さんまの“神対応”に坂上忍がクレーム 「気に入らないんですよね」

さんまさんが“神対応”を続ける理由とは…?

明石家さんま11日放送の『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)にて、MCを務めるお笑いタレント・明石家さんまさんが、自身の“神対応”についてクレームを受ける一幕がありました。


■新幹線で写真撮影を断ったら…

同日の放送では「さんま御殿25周年SP」と題し、「さんまに一言いいたい人たち」が集結。俳優の坂上忍さんは、さんまさんと「初めて新幹線でご一緒させていただいて」と切り出します。

その際、一般の乗客から「写真撮ってください」と頼まれるも、それを断ったという坂上さん。しかし、タバコを吸って席に戻ると、さんまさんが「僕が断った人と写真を撮ってた」ところを目撃。坂上さんは「それ以来、さんまさんと新幹線の同じ号車になったら、乗車変更して違う車両に行くって決めてるんです」と明かしました。

さんまさんは「2時間半語り明かそうよ~」と苦笑しますが、坂上さんは「これ以上いい人のエピソードは迷惑だからやめてほしいんです」と懇願。


関連記事:陣内智則、明石家さんまの神対応による弊害を明かす 「打ちのめされている」

■ヒロミにも似たような経験が

すると、お笑いタレントのヒロミさんも「ホントだよね、断らないしね」と共感し、「若い役者がね、夜12時くらいに『ヒロミさん、飲みに行きませんか』って連絡が来た」と振り返ります。

そこでヒロミさんは「いや、行かない」と断りますが、その2時間後さんまさんの「イェーイ!」と楽しそうに飲む写真を見てしまい、「俺は行ってないのに、なんで先輩が…」と驚いたことがあったそう。

そのときは「どうしても聞いてほしい話があるので、今すぐ来てください」と言われ、さんまさんは「離婚や」と心配し駆けつけたそうですが「行ったら違った。へべれけだった」と笑いを誘いました。

続きを読む ■さんまが“神対応”を貫く理由

パグゾウくんとシノブくん。【Amazonでチェック】

おすすめ記事