『CLASSY.』のコーデの設定にツッコミの声 「まったく参考にならなくて草」

「ストーリーがぶっとびすぎてコーデが入ってこない」と度々話題になる『CLASSY』の「着回しDiary」。今回もやってくれました…。

ファッション
(Berezko/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

女性向けファッション雑誌『CLASSY.』が公式ツイッターを更新。

大人気企画「着回しDiary」でのコーディネートを紹介し、その“ぶっとんだ”設定にツッコミの声が相次いでいます。

【画像】『CLASSY.』大人気企画「着回しDiary」


■大人気企画であり名物の「着回しDiary」

都市部の20代後半からアラサーOLを主なターゲットとする女性向けファッション雑誌『CLASSY.』。

同誌の大人気企画「着回しDiary」は、「もはやファッション誌というより読み物」「ストーリーがぶっとびすぎてコーデが入ってこない」と、度々世間をざわつかせています。


関連記事:アンジャ児嶋、女性ファンに向けた「GU1週間コーデ」が大反響

■義実家で監禁される

今回紹介されたのは「義両親の家を訪問したら、檻のような部屋に閉じ込められた日のコーデ」。

ストーリーは、結婚を反対されている彼氏の実家から「家族会議があるから」と呼び出された主人公が、結婚を認めてもらうために気合を入れて訪問。しかし、お手伝いさんに通された部屋は、檻のようで暗く鍵がかかって出られない…。「う、噓でしょ…そこまでする? ていうか、この檻みたいなの何? この家怖っ。スマホもなぜか圏外だし、どうやって脱出しよう…」と、困惑してしまいます。

続きを読む ■ぶっとびすぎたストーリーの数々

極上はちみつ紅茶(ラクシュミー)【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事