岡田准一は世界基準の「鳥顔イケメン」 ハリウッドでも通用:顔相鑑定(173)

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は、俳優の岡田准一さんを鑑定。

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は俳優の岡田准一さん。

9月16日から公開中の映画『ヘルドッグス』に主演。『関ヶ原』『燃えよ剣』などのヒットを生み出した原田眞人監督と3度目のタッグで贈る、“岡田史上もっとも闇深い”ダークヒーローの壮絶な物語とアクション。

岡田さんは、躊躇なく人を殺め、高い格闘スキルとクレバーさで組織をのしあがる、狂犬化した闇堕ち元警官・兼高昭吾を演じています。

また、ハードなアクションシーンの技闘デザインも岡田さんが担当。カッコいいだけではないリアルなアクションも話題になっています。


■『ヘルドッグス』での役作り

岡田准一

ジャニーズでは元TOKIOの長瀬智也さんと並んで、正統派の美男子顔だった岡田准一さん。基本的には、彫りが深くて濃いめで苦味もあるビター要素が強い「昭和顔イケメン」です。

『ヘルドッグス』の予告編では、役柄に合わせてヒゲを生やすことでワイルドさが増していました。また、眉間を寄せて目に力を入れた“イケメン表情”が際立っていました。

今回は、40歳を超えてますます大人のシブさが増してきた岡田准一さんの顔を分析します。


関連記事:顔相鑑定(71):岡田将生は「ダークヒーロー顔」 カッコ強くてちょっと怖い

■鷲や鷹のような鋭い目元

最大の魅力は鋭く強い目。知的でカッコいい鷲や鷹の猛禽類(もうきんるい)のような「鳥顔」にあります。「鳥顔」の特徴は3つで、中でもポイントとなるのが目元です。

左右の目の間隔が狭く、眉と目の間隔も狭く、眉が上がっていること。そして、目が奥まっていて強く鋭い目をしていることです。

眉が上がっているのは、積極性や自我の強さがあり、上昇志向も強いことを表します。眉と目の間が狭いのは神経質な性格と瞬発力の高さを、目が奥まっているのは慎重派、強く鋭い目は野心家を表します。

続きを読む ■クチバシを連想させる高い鼻

顔相恋占い パッと見でわかる男の本性【Amazonでチェック】

おすすめ記事