『タイタニック』あのドアに2人とも乗れば助かった説 ローズ役が言及し大反響

インタビュー

時代を超えて愛され続けている映画『タイタニック』(1997年)。数々の名場面のなかでも話題となるのが、ジャック(レオナルド・ディカプリオ)とローズ(ケイト・ウィンスレット)が海に浮かぶ扉にしがみつくシーン。 このほどツイッター上では、ケイト本人がこの名シーンの「噂」に言及する様子を紹介したツイッターユーザーのある投稿が反響を呼んでいます。 【動画】映画『タイタニック』長年の疑問にケイト本人が回答  

続きを読む

おすすめ記事