英・エリザベス女王の最後のお別れ… 「ノーマスクの人たち」に注目集まる

弔問に訪れた人々の様子に注目が集まっています。

エリザベス2世

今月8日、君主として歴代最長となる約70年の在位を勤め上げた、イギリスのエリザベス女王が逝去(享年96歳)。

日本でも連日関連ニュースが報じられるなか、SNS上では弔問に集まるイギリスの一般市民の姿に注目が集まっています。


■一般弔問が開始

現在、ロンドンのウェストミンスターホールに安置されている女王の棺。国葬が行われる19日早朝まで一般弔問が行われ、多くの市民が弔問しています。

日本でもその様子が報道されるなか、SNS上では市民がマスクを着けていない状態、いわゆる「ノーマスク」であることが大きな話題に。「マスク着用者ほぼゼロ」「エリザベス女王の一般弔問、誰ひとりマスクつけてる人いないね」など日本との違いに気付くユーザーが多いなか、「誰もマスクしていないことに何かコメントを」「皆マスクしてないことは疑問に思わないのかな? なぜ取り上げないんだろうね」など、報道では一切触れられないことを疑問視する声も。


関連記事:小池百合子都知事のマスクが可愛いと話題 「柄が逆」というツッコミも

■王族も「ノーマスク」

また、棺がバッキンガム宮殿からウェストミンスターホールまで運ばれた14日は、葬列にチャールズ国王、アン王女、エドワード王子、ウィリアム皇太子など王族や政府関係者の姿が見られましたが、全員がノーマスク。

一般弔問開始後は、深夜になっても民衆による長蛇の列ができるなか、その誰もがマスクをしておらず、素顔のまま女王との最後のお別れをしていることが見受けられます。

また13日夜に、女王の棺がエディンバラからバッキンガム宮殿へ到着した際には、雨が降りしきるなか宮殿前に多くの市民が集まり、キャンドルの代わりにスマホライトを灯しながら、拍手と”歓声”を上げる様子も伝えられました。

続きを読む ■ネット「あんなん見たら…」

mitsuhada(ミツハダ) 80g 洗顔フォーム 泡洗顔 泥洗顔 【Amazonでチェック!】

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事