デビュー女優の減少について ~AV新法の現場続報~:アダルト業界関係者の喋り場

アダルト業界の作り手側で働く女・るいが、無限に広がる「性」の世界…ファンタジーを通して見る「リアルな性」の話を、本音でお伝えしていきます。

本音で性の話がしたい

アダルト業界の作り手側で働く女・るいが、無限に広がる「性」の世界…ファンタジーを通して見る「リアルな性」の話を、本音でお伝えしていきます。

★これまでの話はコチラ


■新人デビューの減少

いまだに世間を賑わわせ続けているAV新法の制定。施行から2か月が経過し、業界では様々な影響が形として確実に表れてきました。

現場での影響ももちろんですが、最近それ以上に顕著に形として表れているのは、「デビューする女優さんが減った」ということです。

もともと新法の影響で、新作解禁までの時間が今までの比にならないほど長くなっているので、AVが市場に出るペースが遅くなることは予想の範囲内でした。しかし現在、「デビュー作の撮影が減っている」「そもそも面接に来る女優さんが減っている」状況なのです(これも、ある程度は予想できたことですが…)。

今回は、今現在新人やデビューしたい女の子を取り巻く状況について、少し考えていきたいと思います。


関連記事:しみけん、AV新法成立による弊害を告白 「撮影時間よりも…」

■メーカー側のハードル

今回の新法制定で、メーカー側には「取り下げを要求した女優の作品に対する原状回復義務」が生じることになりました。要約すると、「取り下げ(発売停止)を要求した女優さんに対して、メーカーは無条件で発売停止、ひょっとすると商品回収までしなければならない」ということです。しかも、それによって生じた損失を女優さんには請求できないことになっているのです。

適正AV業界では今までも、もし取り下げ希望の要求があれば、金銭面などの交渉を経たのち、取り下げには必ず応じてきました。しかし、今回の法律制定で、女優さん側にはデメリットなしでの取り下げが可能になったのです。

しかも、仮に発売すらせず、その作品による利益が全く出ていない場合でも、ギャラの返還については明記されていないため、メーカーはギャラや制作費を全額負担しなければいけない可能性があるのです。

「興味本位で出てしまったけどやっぱり発売しないでほしい…」というのは以前からあったことで、その選択肢はもちろん残されるべきだと思うのですが、撮影だけでスタジオ代や人件費などがかかっている上に、ギャラまで丸ごと戻ってこない、というのはメーカーにとってかなりリスクのある事態になります。

続きを読む ■悪用できる法律

ohora公式 “貼るジェルネイル”スターターキット【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事