ロバート馬場、母ちゃん直伝「ピリ辛ポリポリきゅうり」が止まらぬ旨さ

227万回再生されバズり中。ロバート馬場さんの母ちゃん直伝「ピリ辛ポリポリきゅうり」を作ってみました。

ロバート馬場・ピリ辛ポリポリきゅうり

お笑いトリオ・ロバートのボケでありながら料理家としても活躍中の馬場裕之さん。

自身のYouTubeチャンネル『馬場ごはん〈ロバート〉Baba’s Kitchen』には、料理初心者も挑戦しやすい簡単なメニューを数多く投稿しています。

今回は、チャンネルで現在(2022年9月1日)227万回再生されバズり中の、母ちゃん直伝「ピリ辛ポリポリきゅうり」を作ってみました!

【Youtube】ロバート馬場さんの、母ちゃん直伝「ピリ辛ポリポリきゅうり」


■馬場、懐かしの味

馬場さんが子どもの頃から食べていたという「母ちゃん直伝のきゅうり漬け」。今回はそちらのピリ辛バージョンを紹介。

ロバート馬場・ピリ辛ポリポリきゅうり

2人前の材料はこちらです。

・きゅうり:3本

・砂糖:小さじ1

・鶏ガラスープの素:小さじ1

・醤油:大さじ5

・水:大さじ3

・酢:大さじ1〜2

・ごま油:小さじ1

・一味唐辛子:適量

・炒りゴマ:適量


まずは下処理をしていきます。

ロバート馬場・ピリ辛ポリポリきゅうり

ツルの方のヘタ部分を切り、両方の切り口を30秒ほどこすり合わせると、きゅうりの渋みやエグみの成分を取り除くことができます。このひと手間で調味料のなじみも良くなり、格段に美味しくなるのだそう。


関連記事:リュウジの「やみつき蒸し茄子」がウマすぎ… レンジで簡単リピ確定

■作り方は簡単!

ロバート馬場・ピリ辛ポリポリきゅうり

まずはきゅうりをお好みの形にカット。馬場家は縦横ともに4等分するスティック切りが定番だったのだそう。今回は、馬場さんにならって、ほかは蛇腹切りと乱切りにしてみました。表面積を多くするとより味がしみ込みやすいのだとか。また、皮をむいても良いですが残した方が食感がパリッとするといいます。

ロバート馬場・ピリ辛ポリポリきゅうり

次につけ汁を作ります。醤油(大さじ5 )、酢(大さじ1〜2 )、水(大さじ3 )、砂糖(小さじ1 )、鶏ガラスープの素(小さじ1 )、一味唐辛子(適量)を鍋に入れてひと煮立ちさせます。

酢は通常は大さじ1、酸っぱいのが好きな人は大さじ2がおすすめなのだそう。今回、一味唐辛子は小さじ1を入れてみました。辛いのが得意でない場合は、小さじ2分の1でも良さそうです!

ロバート馬場・ピリ辛ポリポリきゅうり

耐熱のポリ袋や保存袋に切ったきゅうり、ごま油(小さじ1 )、炒りゴマ(適量)を入れたら、沸騰したつけ汁を熱いまま注ぎます。

ロバート馬場・ピリ辛ポリポリきゅうり

ポイントは熱いまま入れること。火傷に注意しつつ袋の空気を抜き、1時間からひと晩冷蔵庫で寝かせます。

続きを読む ■ポリポリ止まらない美味しさ!

ラベルレスボトルで便利! アサヒ おいしい水 天然水【Amazonでチェック】

おすすめ記事