全然笑えない…「ナルシストがすぎる」男女のドン引き言動

そんなに、自分が好きなの?

鏡の前に立つ男性
(Electra-K-Vasileiadou/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

スマホで自撮りが、手軽にできる現代。SNSにも多くの人たちが、自分の顔を隠すことなく画像をアップしています。

世の中には自分に自信のある人がこれほどまでに多いのかと、驚いている人もいるかもしれませんね。


■自分に見惚れるときがある?

fumumu編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に自分に見惚れるときがあるかの調査を実施しました。

自分に見惚れるときがあるグラフ

「見惚れることがある」と答えた人は、全体で12.5%とわずか。

性年代別では、20代から30代の女性が他と比べると高めになっています。

自分に見惚れるときがある性別・年代別グラフ

取材班は、自分が大好きな人に関する話を聞いてみました。


関連記事:女子は下ネタが話せてほしいと願うおじさんに若い男子から批判の声

①見た目を気にしすぎている男性

「バイト先にすごい顔が整っていて、お客さんからも人気がある男性がいます。私もイケメンなのは認めるけど、ちょっとナルシストすぎるのがどうも…。


必ず自分の顔がガラスに映り込む場所があるのですが、そこを通る度に髪を整えているんです。


トイレでも長時間、鏡を見ていると、男性たちから聞きました…」(20代・女性)


②自分の顔はイヤだけど自撮りアップ

「『自分の顔を鏡で見るのもつらい』とか言っている友達は、よく自撮りをSNSに載せています。本当に自信がないのなら、不特定多数に顔を見られることなんて避けるはずですよね?


しかもスマホ見ているなと思ったら、インカメにして自分をチェックしていることもよくあります。自虐や謙遜のつもりかもしれませんが、笑えないですよね。


そこまで自分が好きなら変なこと言わずに、『私、かわいいから』くらい開き直ったほうが好感持てるのに…」(20代・女性)


③昔はモテた母

「うちの母は40歳を過ぎた今でも、自分をかわいいと思っています。たしかに昔の写真を見せてもらったら『当時は、モテたんだろうな』とは思いますが、今はかなり体型も変わったのに…。


以前、一緒に買い物に行ったときにお店の人に『姉妹ですか?』と言われ、母はものすごく喜んでいました。


あまりのうれしさに、家に帰ってからずっと鏡を見ていたほどです。身内としてはちょっと浮かれすぎかなって思います」(20代・女性)


自分に自信を持つことは、悪いことではありません。ただやりすぎると周囲に引かれることは、覚悟しておいたほうがいいでしょう。

・合わせて読みたい→

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男女1,357名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事!


fumumuをフォローしよう!