マヂラブ野田、500色色鉛筆の“ほぼ白”のネーミングにツッコミ 「わかるか」

「500色の色えんぴつ」のユニークな色名に思わず野田さんもびっくり。

■“ほぼ白”の色鉛筆のネーミングは…

例題として紹介されたのは、ロイヤルブルーの「高貴な王家の聖水の色」、鮮やかな水色の「シーツを干す朝の色」、淡い紫色の「おとぎの国の観覧車の色、といったかなりユニークな色名。

野田さんが引いた1本は、ほぼ白でありながらほんのりとピンク味を感じさせるもの。

スタジオでは「ピンクのものと一緒に洗濯した白ワイシャツ色」「剥いたエビのうすい方の色」などの回答が出ますがいずれも不正解。


関連記事:マヂラブ野田、自身の描いたイラストのグッズ化に驚愕 「しかも売れてる!」

■果たして正解は

そんななか、お笑いコンビ・男性ブランコの平井まさあきさんが出した「少しだけ気になる人と肩がふれあった時の染まった頬色」という回答には、スタッフから「惜しいです」「良いところいってる」という好リアクションが。

その後「焼き立てパンをちぎった幸せの朝の色」「昨日のお酒が少しだけ残って心地よい日の頬」「初めて恋を知ったあの日の気持ち色」などが出ますが正解には至らず。

結局スタッフから正解の「そっと寄り添いあうだけでわかりあえる静寂の愛情色」が発表。

この絶対に分からない答えに野田さんが「わかるか」とツッコミを入れたところ、スタジオは和やかな笑いに包まれました。

・合わせて読みたい→マヂラブ野田、自身の描いたイラストのグッズ化に驚愕 「しかも売れてる!」

(文/fumumu編集部・丸井 ねこ

500色鉛筆(FELISSIMO)【Amazonでチェック】

おすすめ記事