マッチングアプリで見つけたヤバい団体 既婚者も交じるグループLINEにドン引き

結婚を夢見るモノマネ芸人・小出真保が、マッチングアプリで出会った人とのアレコレを吐き出します。

婚活ダイアリー アイキャチ

リアルな体験談や心境をポップに時にダークに伝えていく『全力! 女芸人小出真保の婚活ダイアリー』。

プロフに顔写真を載せていない「首から下だけ男」の正体は…既婚者。

彼は、奥さんがいると当たり前のように言い、カジュアルな関係を求めてきました。お断りすると「今日は遊べないのか、それなら報告しないと」と「ほ・う・こ・く」という不気味なワードを出され、私は混乱するのでした…。

これまでのエピソードはこちら


■とある団体

「見てください、これ」 彼が私に見せてきたのは、とあるグループLINE。「200人!? 何なんですか、これ?」そのグループLINEの人数は、200人。いや、200人以上いたような気がします。

その画面には「今日は、遊べました! こんな子でした!」「人妻、いただきました、ごちそうさまでした」「僕はこんなプロフィールで抱けました!」など、数々のカジュアルな”関係成功報告”がズラリ。

「本日撃沈」「こっちの写真の方が良いのでは?」などの失敗から改善案まで出し合うやりとりもあり、これがつまり彼が言っていた「報告」の正体でした。

怖すぎる…。見たくなかった、知りたくもなかった。こんな世界があるなんて。

私「じゃあ、あの筋肉とスーツ写真って…?」


彼「ああ、みんな同じ写真を使うんですよ」


あれだ…!! そこで、点と点が繋がりました。


関連記事:マッチングアプリで対面デビュー! 真冬に登場した彼の姿に「もう帰りたい…」

■見間違えではなかった

ある晩、マッチングアプリTを右スワイプしまくっていた時でした。彼と同じ筋肉写真とスーツ写真を発見。

あれは、アプリしすぎて目が疲れていたからでも、幻覚でもなんでもなく、そういう人が200人近くもいるということが、ここで判明しました。アプリを使う女性の皆さん、これらの写真にはお気をつけて…。写真通りの人は…登場しません。

私が、闇の報告グループLINEの世界にドン引きする横で、彼は「だから、今日は、ダメでした…って送りますよ。残念だなぁ」とブツブツ。私は「この人に罪悪感はないのだろうか?」と気になり聞いてみると…

「そりゃあ、多少は、後ろめたさはありますよ、奥さんを見るとね。でも、それでもモテたいですよね。男として、というかモテる方が良くないですか?」

その気持ちはわかるけれど…この人も4回戦男のように自分に自信がないのだろうか。承認欲求が欲しいのは人間の本能なのだろうか…。

永遠のテーマだなと、考えさせられる夜になりました。

続きを読む ■何故既婚者がモテるのか

【正規品】シカマイルドフォームクレンザーでもちもち 毛穴ケア【Amazonでチェック】

おすすめ記事