ひろゆき氏、「憲法で変えたがる部分が違う」 改憲急ぐ報道に自民党内を分析

ひろゆき氏は、自民党が一枚岩でないことに注目して憲法改正についてつづりました。

西村博之・ひろゆき

元2ちゃんねるの開設者で実業家の西村博之(以下、ひろゆき)さんが、11日に自身のツイッターを更新。

岸田政権の改憲について分析しました。


■できるだけ早く改憲発議の報道

自民党の茂木敏充幹事長は、NHKの番組で憲法改正の国会発議に関して「できるだけ早いタイミングということに尽きる。どの項目を優先するか、スケジュールについて、認識の共有を図っていくことが重要だ」と発言しました。

自民党は現在、「安全保障にかかわる『自衛隊』の明記」をはじめとした「現行憲法の全ての条項を見直し、全体で11章、110か条の構成」を行おうとしています。

【画像】改憲について、自民党内の状況を分析するひろゆきさん


関連記事:ひろゆき氏の“遅刻”に編集者たちがクレーム 論破しようするもタジタジに

■自民党の現状を分析

ひろゆきさんは、この報道に「改憲と言っても、多くの改憲派が憲法で変えたがる部分が違うんですよね」と改憲派でもさまざまな派閥があることを説明。

さらに「改憲草案は安倍元首相でもまとめきれなかったので、党内支持率の低い岸田さんが作ったとしても反発を招くことに」とつづります。10日に行われた参議院選挙で大勝を収めた自民党ですが、一枚岩でないことから岸田首相が主導して憲法改正するのは苦戦するのではないかと分析しています。

「とはいえ、改憲発議しないと責められるので、岸田さんは2/3は取りたくなかったのではないかと」と岸田首相の心中を想像。多くの議員・国民が納得するような改憲はまだまだ時間がかかりそうです。

続きを読む ■反響相次ぐ

『だんな様はひろゆき』 Kindle版【Amazonでチェック】

おすすめ記事