チョコレート好き女子大生が「本当は教えたくない」絶品チョコ3選

チョコレート専門店のチョコもいろいろ知りたい!

マジドゥショコラ
(画像は 「MAGIE DU CHOCOLAT公式ホームページ」からのスクリーンショット)
甘いもの、特にチョコレートには目がないという人は多いのではないでしょうか。

fumumu取材班は、各地のチョコレート専門店に通うチョコ大好き女子大生たちに、本当は教えたくないけれど、今食べておきたい絶品チョコレートを聞きました。


■バニラビーンズ『チョコレートジャーニー』

横浜と川崎に店舗がある『バニラビーンズ』。横浜店ではガラス越しに工房が見えて、チョコレートを作ってる様子を間近で見ることができるそうです。イートインでオススメなのは『チョコレートジャーニー』(1,134円・税込み)。

12種類のチョコレートを1粒ずつ食べ比べできて、カカオの産地やチョコレートの特徴が書いてあるシートは持ち帰ることもできるんです。


関連記事:濃厚な口どけ…行列確実なガトーショコラ専門店『ショコラフィル』誕生

■MAGIE DU CHOCOLAT (マジドゥショコラ)『ナンバーフォー(NO.4)』

マジドゥショコラ
(画像は 「MAGIE DU CHOCOLAT公式ホームページ」からのスクリーンショット)

自由が丘にあるチョコレート専門店。オススメは『ナンバーフォー(NO.4)』(24個入3,600円・税込み)という生チョコです。

ミルク、ブラック、ホワイトの3種のチョコに次ぐ、ホワイトチョコを焦がしてバターを加えた「第4のチョコレート」と言われるブロンドチョコレートと、カカオ55%のチョコの2層になっています。


■ca ca o(カカオ)『リッチ生チョコタルト』

鎌倉を拠点とし、大船と新宿にもお店を構える「ca ca o」。オススメは『リッチ生チョコタルト』(1個432円・税込み)です。

タルト生地の中に詰まったチョコレートがトロッとしていておいしそう。その場で買って鎌倉の小町通りを食べ歩きするのも楽しそうですね。


駅やコンビニで売っているチョコもおいしいけれど、チョコ専門店で買うチョコは、自分へのご褒美に最適。また、プレゼントにも良さそうですね。

バニラビーンズ
マジドゥショコラ
ca ca o

・合わせて読みたい→

(文/fumumu編集部・sayo

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事