『ポップUP』夏のエアコン「除湿より冷房を使う」べき? 驚く声相次ぐ

猛暑が続く日々。番組で紹介された冷房器具の正しい使い方に、視聴者からも驚く声が。

エアコン

29日放送の『ポップUP!』(フジテレビ系)では、「ヒンヤリ生活術」と題して、家電製品の専門家が冷房器具の正しい使い方を紹介。

より効率的に涼しくなるためのコツが注目を集めています


■エアコンの風向きは「水平」

番組内でまず紹介されたのは、「エアコンの風向き」。より効率的に部屋を涼しくするためには、風向きは「水平」がベストだといいます。

その理由は「冷たい空気は下に流れるため、水平にすることで、遠くまで風を行き渡らせるようにする」とのこと。「スイング」や「下向き」の場合、真下だけが冷えてしまい、室内の上下の温度にムラができてしまうそう。

なお冷房運転の場合は、風向の調整をしない限り、自動的に水平になるため、そのままの運転でOKとのことです。


関連記事:田中みな実、エアコンのこだわりを告白 「彼氏と温度設定が合わない場合…」

■扇風機は「エアコンの反対(向かい)側」に

ここまでは、お笑いコンビ・おぎやはぎの小木博明さんから「常識だよ」と声が上がりますが、次に紹介されたのは、「サーキュレーターや扇風機を併用する場合の設置場所」。

専門家によると、エアコンと扇風機などを併用する場合、「エアコンの反対(向かい)側」に設置するのが適しているそう。

その理由は「エアコンから出た冷気は、下にたまりやすいので、反対(向かい)側に”冷気だまり”ができる」「この冷気だまりをサーキュレーターや、扇風機の風で循環させることで、全体的に部屋を涼しくする」とのこと。

扇風機などを向かい側に設置することで、冷気の循環を促すことがポイントといいます。

続きを読む ■夏は除湿より「冷房」を使うべき理由

アイリスオーヤマ サーキュレーター アイ mini 8畳 静音 左右首振り パワフル送風 ホワイト PCF-SM12-W

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事