夏のエアコン、じつは「これをやるだけ」で節電に… シャープ公式が呼びかけ

シャープ公式ツイッターがエアコンの電気代節約ポイントについて改めて周知し、注目を集めています。

エアコン

24日以降、東日本でも厳しい暑さが続く予報が出ており、熱中症対策としてエアコンは上手く活用したいところ。

電気代を少しでも抑えるために、いますぐできる対策について、家電メーカーのシャープ公式ツイッターが改めて周知し、注目を集めています。


■フィルター掃除が電気代に影響

シャープ公式ツイッターは22日、「エアコンのフィルター掃除だけでも電気代がそれなりに浮く計算なので、月数十円を上回るかも」と投稿。併せて、同社公式ページ内の「家電製品の上手な節電ポイント」というページを紹介しました。

それによると、エアコンのフィルターは2週間に1度を目安に手入れをすることが推奨されています。

手入れしないまま使い続けてしまうと、フィルターにホコリなどがつまり、「冷暖房の効率が低下し余分に電気を消費して、電気代が約5~10%のムダになります」とのこと。


関連記事:部屋をパワースポットに! 夏になる前に準備しておきたいこと3つ

■自動掃除機能があっても確認を

さらに、水漏れや嫌な臭いの原因にもなってしまうので、少し面倒でも、エアコンのフィルター掃除はしっかりやっておきましょう。

また、フィルター自動掃除機能が搭載されている機種であっても、使用環境によっては汚れが取れないことがあるため、フィルターが汚れていないか、定期的に確認したほうが良いといいます。

こうした点を踏まえ、同アカウントは続く投稿で「なにはともあれ、エアコンのフィルター掃除しようぜ」と改めて呼びかけました。

続きを読む ■「かえって節電にならない」NG行為も…

シャープ サーキュレーター機能付き扇風機 【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事