「憚り」は何と読む? 『火垂るの墓』節子のセリフにはこんな意味があった…

憚り

日常的に目にする漢字のなかにも、うっかり読み間違えてしまいがちな言葉や、“難読漢字”と呼ばれる言葉もあります。 現代の生活では、あまり目にすることのない「憚り」という漢字。この意味と読み方を知っていると、ちょっとカッコいいかもしれません。  

続きを読む

おすすめ記事