若槻千夏、海外旅行先で“助手席に乗せていたもの”に驚き 「ヤバっ…」

1人が好きだけど1人だと思われたくない若槻千夏さん。そのため、取ってしまった行動とは…。

若槻千夏

15日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)に、タレントの若槻千夏さんが出演。

番組内では、1人で海外旅行へ行った若槻さんが、「1人だと思われたくない」と思い取った行動を明かしました。


■芸能界を休んでいた時に海外へ

「常に群れたがるヤツ」というテーマの今回は、1人好きの芸能人と、1人が苦手な芸能人がスタジオに集結。

出演者が1人でも行ける場所についてトークを展開するなか、番組MCの上田晋也さんは「1人が好きな人はさ、1人海外旅行とかも全然平気?」と尋ねます。すると、1人が好きだという若槻さんは「私1人海外」と言いながら小さく挙手をし、芸能活動を休んでいた2年間に、1人で海外に古着の買い付けへ行っていたことを明かしました。


関連記事:若槻千夏、マネージャーのありえないウソに怒り 「それはさすがに…」

■「誰かといるっぽく見せたくて…」

ですが、そんな若槻さんは「でも私、ちょっとプライドが高くて…」とつづけると、「周りに1人で来たと思われたくないタイプ」であることを告白。

「1人の行動好きなんだけど、誰かといるっぽく見せたくて…」という若槻さんによると、現地へ着いてすぐに取った行動が、フリーマーケットに行ってマネキンを買い、ずっと助手席に座らせていたことだったそう。

なお、その状態のままで買い付けを行なっていたと打ち明けた若槻さんに、出演者は「ヤバっ、怖…」と戦慄。これには上田さんも「おまえが一番ヤバいよ」とツッコミを入れます。

続きを読む ■団体客に混ざったことも

アリエール ジェルボール4D 洗濯洗剤 部屋干し詰め替え 56個【Amazonでチェック】

おすすめ記事