やり場のない怒りを物に当たってしまう人は多い? 少ない?

イライラのはけ口は見つからず、物に当たってしまうことはありませんか。

物にあたる人
(leolintang/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

やり場のない怒りが抑えられず、どうしていいかわからなくなることは、誰もが経験しているでしょう。

誰かに当たってしまっては、人間関係もこじれてしまいがちです。しかし、溜め込み続けるのも、精神的に追い詰められるので良くないですよね。

どのようにして気持ちを落ち着ければいいのか、悩んでいる人も多いのではないでしょうか。

 

■心の中で怒っている女性

fumumu編集部では、全国20〜60代の男女1,357名に「イライラすると物に当たることがある」か調査を実施しました。

あると答えた人は、全体で36.4%。3人に1人でストレスを物にぶつけて発散することがあるのです。

性別・年代別では、すべての年代で男性よりも女性の割合が多くなっています。

怒って物に当たる性年代別グラフ

優しそうに見える女性も、心の中では怒っていることだってあるのです。

「表面上はいい顔をしているから、周囲には『いつも優しい人』って思われているみたいです。でも本当は腹立つことを心の中で抑えて、ヘラヘラしているだけ。

 

家に帰っても怒りが収まらないときには、クッションとか殴って発散をしていますね」(20代・女性)

 

■バイトはイライラが多い立場

20代の女性に絞ってみると、会社員よりもパート・アルバイトの割合が高くなっています。

怒って物に当たる傾向別グラフ

仕事上で苛立ち覚えることも多いようです。

「店長が気分屋すぎて、ものすごく振り回されています。機嫌がいいときには優しいのに、嫌なことがあるとバイトの私たちに当たってくることも…。

 

こっちもやり場のない怒りを抱えるので、見えないところで壁を蹴るなどしてしまいます」(20代・女性)

 

「やる気のない社員の人がいるのですが、その人の行動のすべてに腹が立ってしまう状態です。自分は一生懸命働いていても立場が低いままなので、不満がその人にいってしまうんでしょうね。

 

ついキーボードのタイピングが強くなってしまい、他の人が心配して声をかけてくれたこともあります」(20代・女性)

 

■怒りを溜め込まないために

仕事中に楽しみながら、正当に怒りをぶつけている賢い人もいました。

「うちの職場はダンボールだらけで、それを片付けるのも仕事のうち。殴ったり叩いたりしていても変に思われないから、そこでストレス発散をしています」(30代・女性)

 

嫌なことを溜め込んでしまうと、そのうちに爆発をしてしまいます。そこで人に当たるわけにもいかないので物に当たるのでしょう。

相手を気遣いながらも自分の意見を言う練習をしていくと、物に当たることが少なくなるかもしれません。

・合わせて読みたい→「円満な退職」なんてない? 引き止めにあった人の悲痛な訴え

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の男女1,357名/20代の会社員・パート・アルバイト女性計169名 (有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!