吉岡里帆、同性からの嫉妬は「男にモテる目頭」に秘密があった:顔相鑑定(158)

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は、女優の吉岡里帆さんを鑑定!

池袋絵意知 顔相占い顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回は女優の吉岡里帆さん。

又吉直樹さんが脚本を手掛ける放送中のドラマ『椅子』(WOWOWプライムほか)では、第1話「電球を替えたい」と第2話「最高の日々」に主演しました。

また、7月22日・東京を皮切りにスタートする舞台『スルメが丘は花の匂い』(PARCO STAGE)では、舞台初主演に挑みます。


■女性のアンチが多いのはなぜ?

吉岡里帆

高校3年生の時から俳優養成所に通い始め、最初は小劇場の舞台に出るなど、コツコツと演劇のキャリアを積み重ねてきた吉岡里帆さん。舞台初主演にさぞかし気合が入っていると思います。

そんな吉岡さんですが、なぜか同性からの評判はあまりよくなく、女性のアンチが多いと言われます。

考えられる理由としては、最初にグラビアアイドルやCMタレントとして有名になったことや、ドラマでのあざとい役柄のイメージなどがありますが、お顔的にも同性に嫉妬されやすい顔をしているのです。


関連記事:顔相鑑定(98):生見愛瑠は「今年の顔」最有力候補 顔に絶好調と書いてある

■目頭の切れ込みにピンク色の粘膜

それが表れているのが目です。目頭が深く切れ下がっていてピンク色の粘膜が見えます。この涙に濡れた「涙丘(るいきゅう)」が見える顔相は、男性からの人気が非常に高いのです。

ぱっと見は涙丘の存在に気がつかなくても、男性が無意識下で惹かれてしまう曲線的で潤いのある目をしています。「男性からのモテ顔相隠れ1位」ともいうべきパーツを吉岡里帆さんは持っているのです。

この顔相の女性は、男性からモテるぶん、同性からはジェラシーによって反発を受けやすい傾向があります。

続きを読む ■目標達成意欲が高いタイプ

顔相恋占い パッと見でわかる男の本性【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事