約8割もの人が思っている… できることならやらずに暮らしていきたいこと

生きるために、必要不可欠なのはわかっているけれど…。

目覚まし時計

生きていくためには、お金が必要です。そのお金を稼ぐには、労働をする必要があります。仕事が好きで生き生きとしているひともいる一方で、多くの人は「できることなら働きたくない」と思っていることが、編集部の調査で改めてわかりました。


■約8割、働かずに暮らしていきたい

fumumu編集部では全国10〜60代の男女1,669名を対象に、「労働」に関する意識調査を実施しました。

できることなら働かずに暮らしていきたいグラフ

その結果、「働かずに暮らしていきたい」と答えた人は、全体で80.1%。

fumumu取材班は女性たちに、働かずに暮らせるとしたらやりたいことについて話を聞きました。


関連記事:彼氏と一緒にいる時間はあっという間に… 1日が短いと思う瞬間とは

①旅行でたくさんの場所を訪れる

「仕事の休みはカレンダー通りのために、旅行に行っても混んでいることが多かったんです。もっと人が少ないときに行きたいと、いつも思っていました。


もし仕事をせずに暮らせるなら、平日の落ち着いた観光地を巡りたいと思います。きっと混雑しているときよりも、景色が違って見えると思うんです。


ここ数年は新型コロナの影響で旅行に行く機会がなかったので、このような気持ちが強くなっているのだと思います」(20代・女性)

続きを読む ②彼氏とずっと一緒にいる

一生好きなことをして暮らすための「不労所得」のつくり方【Amazonでチェック】

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事