橋本マナミ、下積み時代に憧れた女優2人 自身は「色んな死に方をした」

13歳から芸能界に入り、下積み時代が長かったという橋本マナミさん。20代のころは生きた役を演じることも少なく…。

橋本マナミ

女優の橋本マナミさんが、25日放送の『上田と女が吠える夜』(日本テレビ系)に出演。

長かった下積み時代のエピソードを明かしました。


■20代は死体役ばかり

同日の放送では、「女が吠える、妬ましいヤツ」をテーマに、スタジオでトークを展開。

司会の上田晋也さんから、「この人の才能に嫉妬する、とかそういうのあったりする?」とコメントを求められた橋本さんは、自身の下積み時代を振り返ります。

現在では女優業だけでなく、バラエティ番組など幅広く活躍していますが、「13歳から仕事をしているので、17年くらい下積みがあって。ドラマをやったときも、2時間ドラマの死体役とか。20代の頃はすごく、色んな死に方をしたんです」と橋本さん。


関連記事:池田エライザ、頭下げて給与を前借りした過去明かす 「全然足りなくて…」

■羨ましさから「ヤフコメで…」

橋本さんはそうしたなかで「生きている役の方が羨ましくて…」と、同年代の売れていく女優たちをみながら、悔しい思いをしたこともあったそう。

「10代で売れていく女優さんてすごく多いんですよ! 例えば、栗山千明さんとか、深田恭子さんとか」と具体的な名前を挙げ、羨ましさから、同じく10代・20代から活躍する俳優たちの評判を、ヤフコメでチェックしていたこともあったと明かします。

この橋本さんのエピソードには、スタジオからは驚く声が上がりました。

続きを読む ■弛まぬ努力がプライベートにも影響

フレアフレグランス 柔軟剤 フラワー&ハーモニー 大容量 2000ml【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事