バレバレだから! SNSで「嘘くさい」と思った女友達のキラキラ投稿4選

リア充投稿を「演出しているだけ」と見抜く人も…。

(NeoPhoto/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

SNSで友達が投稿する充実した日々に、羨ましくなったり、劣等感を抱いたりすることも。ゴールデンウィークにはさらにリア充投稿が増えるかもしれませんね。

ただ、投稿すべてが本物の幸せとは限りません。中には、憧れられるどころか、嘘がバレて失笑の的となってしまう人もいるようです。

 

■SNSのリア充投稿に疑惑を持った人はどれくらい?

fumumu編集部が全国20〜60代の女性688名を対象に、女友達のSNSのキラキラ投稿を見て「嘘くさい」と思ったことがあるか調査を実施したところ、「YES」は40.8%。

キラキラ

女性の目は侮れないと言いますが、見抜いている人は少なからずいるようです。では、どんな投稿に疑惑を持ったのでしょうか。嘘くさいと思ったことがある経験を聞いてみました。

 

①「最高の仲間との思い出!」

「バーベーキュー大会に参加した女友達が『冴えない男ばっかでつまんなかった。時間の無駄だった』とボロクソに文句を言っていた。

 

でも、SNSには『最高の仲間たちと永遠の思い出ができた!』と投稿していたときに、そういう子なのか…と知った」(20代・女性)

 

②定期的な海外旅行

「過去に行ったときの景色や現地の料理写真や、ヒドいときには他人のインスタからパクった写真まで投稿して、頻繁に海外旅行に旅立っている風な投稿をしている職場の同僚。

 

あなたその期間、普通に出勤してたじゃん…と呆れる」(20代・女性)

 

③ハイクラスな女友達がいる自分

「知人に、セレブやモデルかぶれなどの華やかな女友達5人組がいるけれど、裏ではみんなでマウンティングしあって陰口ばかり。

 

でもSNSでは仲良しアピール。お互いに『煌びやかな友達がいる自分』を見せる道具にしか思ってなさそう」(20代・女性)

 

④お金持ちな彼氏を演出

「『彼氏の車でデート』と高級車の前で撮った写真を投稿した女友達がいましたが、写っていたのは『わ』ナンバーのレンタカー。

 

コメント欄で突っ込まれて、すぐ削除していたけれど、これまでに投稿していた数々のキラキラ投稿も嘘なんだと思った」(20代・女性)

 

春は出会いも増えて、SNSでつながる友達も増えるでしょう。そんな中で見えてくる他人のキラキラ投稿に落ち込むこともあるかもしれませんが、「リア充アピールに必死!」と思えば、笑って見過ごせますね。

・合わせて読みたい→鳥肌がゾワッ…SNSでドン引きした「女友達のポエム投稿」3選

(文/fumumu編集部・コッセン

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年2月9日~2018年2月13日
対象:全国20代~60代の女性688名 (有効回答数)

この記事の画像(2枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!