親と自分は違うから… 「精神的な自立」を促すために必要なこと3つ

親との上手な距離感の保ち方を、fumumu取材班が聞いてきました。

女性 悩み
(Maria Casinos/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

親との関係は、自分の人生を大きく左右する重要なもの。過度にべったりした関係も、親の言葉にとらわれている関係も、あまり良好とは言えません。

今回は、親との距離感を上手に保つための「精神的な自立」について、fumumu取材班が話を聞いてきました。


①親が喜ばなくても…

「幼少期から『親が喜んでくれること』を軸に自分の行動を決めてきたけど、家を出たことをきっかけに、自分の意志をなるべく尊重するようになりました。


親に強要されたことはないけど、ガッカリされるのが怖かったんですよね。『褒めてもらえるように・認めてもらえるように』ということばかり考えて、自分の本音を見失った時期もありました。


今の私の趣味は、親としてはあまり認めたくないことかも。でも、私が好きになったことだから! 『自分が楽しいなら、親の気持ちより自分の本音を優先させてもいいんだ』と、物理的に親と距離ができてからやっと気づきました」(20代・女性)


関連記事:「毒親です…」 彼氏にいつ告げる? 結婚前に伝えておきたい親のこと

②親との違いを認める

「私の場合は、自分がいわゆるマザコンと呼ばれるタイプで。母が自分に同意してくれないと、それだけで『なんで?!』とイライラすることが多かったんです。


ただ、大人になるにつれて、少しずつ『親も自分と同じ、1人の人間なんだ』と考えられるようになりました。親と自分の価値観が違うのは自然なことで、いつも私の意見に同調してくれるわけではないんですよね。


『親だから共感してくれて当たり前』と考えると、同じく『子どもなら親に共感して当たり前』になってしまうし。別々の意見を持っていることが普通なんだと、今の自分は理解できていると思います」(20代・女性)

続きを読む ③自分で責任を取る

YOLU カームナイトリペアシャンプー・トリートメント ボトルセット【Amazonでチェック!】

おすすめ記事