伊藤健太郎、映画舞台挨拶で涙 「スクリーンに戻れると思ったときは嬉しかった」

伊藤健太郎が、主演映画の舞台挨拶で思わず涙を流しました。2年ぶりの映画主演が決まったときの心境は…。


冬薔薇

俳優の伊藤健太郎さんが17日、都内で行われた「映画『冬薔薇(ふゆそうび)』」の完成披露上映会に、俳優の小林薫さん、余貴美子さん、監督の阪本順治さんと共に登壇。2年ぶりに主演映画が決まったときの気持ちを、涙ながらに話す場面がありました。


画像をもっと見る

■2年ぶりの主演映画は「本当に嬉しかった」

伊藤健太郎

2年ぶりの映画主演が決まったときの心境を聞かれた伊藤さんは「自分がスクリーンに戻れると思ったときは本当に嬉しかったです。あのタイミングで手を上げてくれた阪本監督には感謝しかありません」と涙を浮かべながら話しました。

また、司会から「映画の現場が好きなんですね」と言われた伊藤さんは「大好きです。蓮司さんは日本酒の飲み方を教えてくれました」と口に。


関連記事:賀来賢人、『今日俺』ブログを久々更新! 「まじ卍」報告にファン歓喜

■クランクインした日は…

伊藤健太郎

撮影現場にクランクインした日のことについて伊藤さんは「いろんな想いがありましたけど、正直なことを言うとめちゃくちゃ怖かったです」と吐露し、続けて「約1年お休みさせていただいたってのもあり、怖い気持ちはすごくあったんですけど、現場に入ったら阪本組ならではの暖かい雰囲気で撮影させていただけて…」と振り返りました。

続きを読む ■先輩と演技ができたことは「人生の財産」

→Amazonタイムセール祭り開催中~2月5日23時59分まで

この記事の画像(13枚)

おすすめ記事