「子供時代の呪い」を解こう 大人の自由を手に入れた人の体験談

子供時代に大人から言われたことや、されたこと。そろそろ忘れてもいい時期かもしれません。

③「嫌い」を許す

「子供時代は『みんなと仲よくしましょう』『お友達を大切にしましょう』と言われることが多いけど、子供のときにこそ『苦手な人とは距離を置きましょう』と教えてほしかったです。


すべての人を好きになるなんて、いくら社交的でも無理ですよね。苦手な人・嫌いな人がいて当たり前なんだから、上手に距離を取るのは悪いことではないと思います。


大人になってから人との距離の取り方を学ぶのは、本当に大変だし。年を重ねてやっとスムーズにできるようになってきたけど、子供時代に周りが教えてくれていたら、大人になってからの人間関係の悩みも減らせたのかな〜と思います」(20代・女性)


子供の頃は、ピュアな気持ちから「大人の言うことは正しい」と思いがちです。でも、成長した自分なら「周りの言葉がいつも正しいとは限らない」とわかるはず。

勇気を出して過去の教えを捨てたら、大人の自分が一気に自由になる感覚を味わえるかもしれません。

・合わせて読みたい→毒親には絶対ならない! 「自分の子供には幸せに」と願う大人の決意

(文/fumumu編集部・nana

【Amazon限定ブランド】 Bluetooth イヤホン 24時間再生 自動ペアリング 瞬時接続 簡単操作

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事