松坂桃李「成立させるの難しい」 結婚後の変化を語る

松坂桃李さんが結婚後に起きた嬉しい変化を告白しました。

松坂桃李

15日放送の『ボクらの時代』(フジテレビ系)に、俳優の松坂桃李さん、横浜流星さん、女優の広瀬すずさんが登場。松坂さんは、結婚後の変化について語り、反響が寄せられています。


■横浜と広瀬の結婚観

松坂さんから「結婚とか、いつかはっていうのはあったりする?」と質問された横浜さんと広瀬さん。横浜さんは躊躇せず「しますね」と即答。

両親が20代前半で結婚したこともあり「その年齢の頃は意識したし、守るものができたときって自分の心境も色々変わるし。『守っていきたいな』っていう気持ちがすごく強かった」と真摯に胸の内を明かしました。

対する広瀬さんは「10代の頃は20代で絶対結婚してやるぞ! って気持ちがあったんだけど、もう今年24で。私の中で計算が合わない」と計画がとん挫したことを告白。

現在は「誰かと付き合うっていう工程が面倒くさい」という状態であることを明かし、「だから、パッて結婚したいです」と今後の展望を語りました。


関連記事:松坂桃李の新婚生活に満島真之介らが助言 「楽しいだけじゃない」

■松坂の結婚後の変化とは

また「結婚相手に譲れないもの」を聞かれた横浜さんは、「入り込む仕事をしているから、別々の部屋なのかなあ? っていうことを漠然と考えていましたけど」と悩みながら回答。

そんな横浜さんに松坂さんは「結婚すると台本を覚える時間とか極端に減ったりするからね」「向こうが仕事で、こっちが早く終わったって時はこっちが飯作ったりとか。家事とかを分担していかないと成立させるの難しいからさ」と、自身の生活の変化を告白。

「でも、台本読む時間とか役に向き合う時間とかが削られたとしてもストレスにはならなくなる。そこが自分の中で良い変化だったなって思う」と嬉しそうに語りました。

続きを読む ■広瀬は台詞覚えで喧嘩も

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

おすすめ記事