顔相鑑定(151):松岡昌宏、『家政夫のミタゾノ』が似合う理由は西洋人顔にあり

顔相鑑定士の池袋絵意知が、今話題のあの人やこの人の顔相を解説します。今回は、TOKIOの松岡昌宏さんを鑑定!

池袋絵意知 顔相占い

顔相鑑定士の池袋絵意知です。今回はTOKIOのメンバーで俳優の松岡昌宏さん。

2016年のスタートから人気ドラマシリーズとして定着した、松岡さん主演の『家政夫のミタゾノ』(テレビ朝日系)の第5シリーズが、4月22日から放送開始予定。

松岡さん演じる女装した大柄な家政夫・三田園薫(ミタゾノさん)が、派遣された家庭・家族の内情を覗き見し、そこに巣食う“根深い汚れ”までもスッキリと落としていく、痛快“覗き見”ヒューマンドラマです。


■縦に長い超面長の輪郭

松岡昌宏

180cm以上ある長身に男性的かつ西洋人とのハーフっぽい顔立ちの松岡昌宏さんが、「女装した大柄な家政夫」を演じるだけで愉快な絵面が出来上がるハマり役です。

今回は松岡昌宏さんの「男性的」な部分、「西洋人的」な部分、そして「女性的」な部分に分けて分析していきます。

男性的なのはとても縦に長い超面長の輪郭。この顔相は、自分に対しても他者に対しても厳しい傾向があります。責任感は強いけれど、他人に対してもそれを求めて批判的になりやすいです。


関連記事:顔相鑑定㉙:林遣都は幼形顔なのに男臭い? 時代劇からSFまで重宝される俳優に

■横幅が広く直線的な「男額」

額は横幅が広くて直線的、典型的な「男額」です。横に広いのは興味や関心の幅が広く好奇心旺盛であることを表します。外へ外へと出ていろんな経験をしたタイプ。

額の生え際が直線的なのは、計画的に行動するのが好きなタイプ。ただし、自分で決めたルールを厳守しようとするがあまり、臨機応変に対応することが苦手です。

目と目の間が狭い集中力が高い顔相ですし、生真面目な性格です。几帳面だけど融通が利かないタイプでしょう。

続きを読む ■横幅が狭く奥行きのある頭蓋骨

顔相恋占い パッと見でわかる男の本性【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事