転職には勢いも必要? 「あ、会社辞めよう」と決めた瞬間とは

「もうこの会社にいるのは無理!」と感じた瞬間を、fumumu取材班が聞いてきました。

仕事 女性
(demaerre/iStock/Getty Images Plus/画像はイメージ)

転職に関して「焦らずに決めることが大切」という意見もありますが、瞬間的に「転職しよう!」と決めた人たちも意外と多いようですよ。

今回は、会社を辞める決意をした瞬間を、fumumu取材班が聞いてきました。


①残業を減らしたのに…

「私が入社してすぐ、直属の先輩が退職したので、新入社員だった頃から残業が当たり前だったんです。仕事の引き継ぎをする時間も少なかったので、自分なりに調べて、マニュアルを作って、どうにか仕事を回せるようになって。


やっと定時に帰れるように仕事を調整できたところで、上司から『いきなり定時に帰るようになって、やる気なくなったの?』の発言が。もう、すべてが嫌になってしまったんですよね。


定時に帰れるように工夫してきたことは評価せず、遅くまで残っていれば満足という上司の態度を見て、退職を決意しました。あれだけあったやる気がスーッと消えて、冷めるときは一瞬なんだなぁと実感しましたね」(20代・女性)


関連記事:「こんな会社辞めてやる!」と思ったら。退職を後悔しないためにするべきこと

②守ってくれない上司に…

「飲食店のスタッフとして働いていたときに、ありえないほどの理不尽なクレームがきたんです。お店側にはなにも落ち度がないのに、スタッフの人格や容姿の否定までしてくる客で。


私も先輩たちも、これは出禁レベルでは…? と上司に相談したんです。そしたら『スタッフが失礼なことをして申し訳ありません!』と客に対して平謝り。スタッフが暴言をぶつけられていたのを見ていたのに、なぜか私たちも一緒に謝るように強要されました。


さらには、客が帰ってから『給料もらってるんだから暴言くらい我慢してくれよ!』とこちらにキレる始末。その瞬間に、さっさと転職しようと決めました。部下を守ってくれない上司がいるところで、気持ちよく働くなんてできないです」(20代・女性)

続きを読む ③同じことの繰り返しで…

ラベルレスの天然水【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事