博多大吉、ダウンタウンの31年ぶりの漫才に「震えた」「涙が出そうに」

32年芸人をしている大吉さんは、ダウンタウンの漫才に「とんでもないのを見せられました」とコメント。

博多大吉

6日放送のラジオ番組『たまむすび』(TBSラジオ)で、お笑いコンビ・博多華丸・大吉の博多大吉さんが、31年ぶりに披露したダウンタウンの漫才に言及。

舞台袖でダウンタウンの漫才を見られたという大吉さんは「震えた」「なんやろ、この感情は…」とその時の心境を明かしました。


■ダウンタウンの31年ぶりの漫才が話題に

今月3日、吉本興業の創業110周年を祝う、特別公演『伝説の一日』が、大阪・なんばグランド花月(NGK)にて開催されました。

この時、ダウンタウンがおよそ31年ぶりにNGKの舞台に立ち、アドリブ漫才を30分間披露し、後輩芸人たちから感動&絶賛ツイートが相次ぎました


関連記事:トリンドル玲奈が胸キュン… 大物芸人に「玲奈」と呼ばれた過去

■10年前、大吉は断念・華丸は舞台に参加

10年前の100周年の時には『ごっつええ感じ』メンバーが舞台にあがって歌い、浜田雅功さんは「WOW WAR TONIGHT」を歌っていましたが、「当時、ものすごく舞台袖から見たかったですけど」と、見られなかったことを振り返る大吉さん。

というのも「袖が混むから」との理由で、会社から「関係ない人は来ないでくれ」とお達しがあったようで「親交もないしな…」と大吉さんは断念したとか。

しかし、相方の華丸さんは「こんな機会は二度とないから」と怯まずに行っていた上に浜田さんと一緒に「WOW WAR TONIGHT」を歌っていたようです。

続きを読む ■「今度あったら絶対行く」を実行

ウォーターサーバーじゃなくてもこれでOK! 日田天領水BOX 12L×2個【Amazonでチェック】

おすすめ記事