女子は下ネタが話せてほしいと願うおじさんに若い男子から批判の声

下ネタを話していいかどうか、見分けることさえもセクハラになるとの意見も。

飲み会
(TAGSTOCK1/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

男性が下ネタで盛り上がっているときの対応の仕方は、女性により分かれます。嫌なのでできるだけ話に入らないようにする人もいれば、一緒に会話を楽しむ人もいるはずです。

男性は女性が下ネタに乗ってくることを、望んでいるのでしょうか?


■意見がわかれる

fumumu編集部では、全国20〜60代の男性660名を対象に、下ネタのできる女性についての調査を実施。

下ネタのできる女性のほうがいいと思うほうだグラフ

「下ネタOKの女性のほうがいい」と答えた男性は、全体で42.8%と意見は大きくわかれています。男性にとって下ネタができる女性は、どのような存在なのか気になるところです。


関連記事:誰にも言えないおっぱいの悩み…「乳輪のブツブツ」正体は何?

■おじさんは下ネタができる女性が好き

性別・年代別では、年代が上がるほど割合が増えています。

下ネタのできる女性のほうがいいと思うほうだ年代別グラフ

若い世代が草食化している中で、下ネタをする中心人物は中高年層に多いのかもしれません。

「おじさんはやっぱり、下ネタが好きなんですよ。飲み会で集まると、自然にそんな話ばかりしているから。女性がいるときはさすがに気を遣うけど、反応がいい子の場合は別。


一緒になってくだらない話をしてくれると、おじさんたちは単純だから喜びますよ」(40代・男性)


下ネタがいけるかどうかを知るまでの行為が、セクハラになるとの声もあります。

「そもそも下ネタOKがどうかを見極めるのって、女性の前でそんな話をしないとわからないですよね。


今は、話題を出した時点でセクハラ認定されてもおかしくない時代。そんなリスクをかけてまで、下ネタを話したいとは思わないですよ」(30代・男性)


■友達ならいいけど恋愛対象には…

友達としてならいいけど、恋愛対象としては見られないとの声もあります。

「友達として見るのなら、下ネタができる子のほうがいいですよ。ただ恋愛対象としては、やっぱり少し恥じらいのある子のほうが魅力に感じます。


下ネタができる女性は、男友達のような感じでしか見られなくて…」(20代・男性)


下ネタをするときには相手を選ばないと、勘違いされる危険もあるようです。

「あまり下ネタの相手をしていると、ただノリがいいだけでも『遊んでいる』って見られる場合も。


勘違いしたおじさんに誘われた後輩もいるから、せめて相手を選んだほうがいいかもしれません」(20代・男性)


男女問わず嫌だと思っている人の前で下ネタを続けるのは、相手を不快にするだけの行為。下ネタが好きだと自覚がある人は、気をつけたいものです。

・合わせて読みたい→

(文/fumumu編集部・ニャック

【調査概要】
方法:インターネットリサーチ「Qzoo
調査期間:2018年7月13日~2018年7月17日
対象:全国20代~60代の男性660名(有効回答数)

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!