小林礼奈、離婚の時に勢いで捨てたものを告白 「捨てなきゃ良かった」

小林礼奈さんが節分を前に「昔メルカリで買った鬼のコスプレ、捨てなきゃ良かった」とのべ離婚時に勢いで捨てたと明かす

小林礼奈

タレントの小林礼奈さんが、アメブロ内の公式ブログを更新。お笑いコンビ「流れ星」のたきうえさんと離婚した際に「勢いで捨てたもの」を明かし、反響を呼んでいます。


■離婚で捨てた「鬼のコスプレ」衣装

31日に、5歳の娘が風邪をひいて保育園を休んでいることをブログで明かしている小林さん。

2日には、「娘、保育園での節分を楽しみにしていたのに今年はできないね……」と娘が節分イベントに参加できないことを残念に思う気持ちをつづり、コンビニエンスストアで鬼の塗り絵をもらってきたとも発言。

続けて、「くっそー!!! 昔メルカリで買った鬼のコスプレ、捨てなきゃ良かった!!!!!!!! 離婚のとき勢いで捨てちまった」として、自身がリアルな鬼にふんした過去の節分画像を公開しています。


関連記事:小林礼奈が幼少期の写真を公開 「壮絶なイジメを思い出した」と告白も

■「節分」に並々ならぬこだわりを持つ

リアルすぎる「鬼コスプレ」は子供が泣きそうなクオリティで、小林さん本人も「3歳のころの娘は大号泣でした」とのべています。

そんな「鬼衣装」は離婚した際に手放してしまったので、今年は普通のお面で代用するもようで、「クソー今年はこいつかよ」と複雑な心境を吐露。

小林さんは節分に並々ならぬこだわりをもっているとのことで、子供の保育園を決める際も「先生が鬼になってしっかり節分をやってくれるのか?」を入念に確認したことも明かしています。

続きを読む ■念のためPCR検査を受けて陰性

→【楽天スーパーSALE】今年最後のビッグセール! 12/4(日)20:00~12/11(日)01:59

おすすめ記事