速水もこみち、おもちゃやフィギュアの収集癖を告白 「自分も怖くなる」

速水もこみちさんが自身の意外な癖を公開。どうしても物が捨てられない一面に「自分でも怖くなる」

速水もこみち

30日放送の『おしゃれクリップ』(日本テレビ系)に、俳優の速水もこみちさんが登場。

自身がどうしても捨てられないという2000体以上のフィギュアコレクションを披露しました。


■コレクション大好き

この日、おもちゃ、サングラス、スノーボール、そしてレシピノート等多数のコレクションを所持していることが番組内の企画によって明かされた速水さん。

なんでも、一部屋丸々自分の好きなもので埋め尽くした「趣味部屋」にアメコミのフィギュアを大量に陳列していることがわかりました。

続いて料理と並ぶぐらいアメコミおもちゃが大好きだと話した速水さんは、部屋の中に所せましと並んだフィギュアやぬいぐるみの写真を見せながらも「一部なんですけど…」と、謙遜する姿を見せています。


関連記事:速水もこみち、イメチェンした姿にファン発狂 「金髪にヒゲ…」

■おもちゃは「ある意味家族」

その総数は「数えたことないんですけど2000体以上」あるのだそう。

同じストームトルーパーでも色違いをコレクションの為に購入し、それらが鎮座する部屋で「音楽を流して作業をしたり、ワイン飲んでチーズ食べたり」と、お洒落な日々を送っている様子を垣間見せていました。

そんなおもちゃたちの購入基準を問われた速水さんは「なんすかね…」と少し困りつつも「小さい時から好きで集めている。気持ち悪い話かもしれないですけどある意味家族」だと、おもちゃに対する思いを吐露。

今後も増え続けることが確定しているため「たまに自分も怖くなる」とも話していました。

続きを読む ■コレクションを「処分できない」理由

→Amazonおせち料理2023 早割で最大1万ポイントゲット 10/8(土)まで

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事