普段は思い出さないのに… “学生時代”の夢を見た経験談

もう遠い昔の話なのに、なぜか夢に出てくる学生時代。

眠れない女性
(demaerre/iStock/Getty Images Plus/写真はイメージです)

夢に理由を求めるのもおかしな話ですが、「なぜ、こんな夢を見たのだろう」と感じるときもあるはずです。

学校を卒業して何年も経つのに、学生時代の夢を見て不思議に思う場合もあるでしょう。


■4割弱が「今でも学生時代の夢を見る」

fumumu編集部では全国10〜60代の学生以外の男女1,517名を対象に、今でも学生時代の夢を見ることがあるか、調査を実施しました。

今でも学生時代の夢を見ることがあるグラフ

「見ることがある」と答えた人は、全体で37.4%。

fumumu取材班は女性達に、今でもたまに見る学生時代の夢について話を聞きました。


関連記事:学生時代、バラ色じゃないとだめですか? 適当に過ごしたい学生の本音

①単位を取れていなかった夢

「学生時代の夢をたまに見るのですが、その中でもとても焦るのが『単位を取れずに卒業できていなかった』というもの。今の生活とリンクしていて、学校も行かずに働いていた設定なんです。


この夢が一度きりであれば『こんなこともあるかな』と流せるのですが、忘れた頃に定期的に見るので不思議。私はきちんと授業を受けていたので、留年とは縁遠い人だったのに…。


この夢にどのような意味があるのか、気になるところです」(20代・女性)

続きを読む ②遅刻して先生に怒られる

よくあたる! 夢占い事典1000【Amazonでチェック】

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事