おうちで映画三昧:「イケオジ」作品のススメ ㉓ジェームズ・フランコ

オーバー40男優「イケオジ」のススメ㉓ジェームズ・フランコ。取り戻すべきは「信頼」の知性

ジェームズ・フランコ
(引用:IMDb.com, Inc)

年を重ねるごとに、ますますかっこよくなるイケてるおじさま、「イケオジ」出演のおすすめ作をご紹介する本企画。

今回は、『スパイダーマン:ノー・ウェイ・ホーム』の1月7日公開を記念して、2002年のサム・ライミ監督版『スパイダーマン』で、スパイダーマンことピーター・パーカーの親友役を演じたジェームズ・フランコです!


画像をもっと見る

■「スパイダーマン」の親友

ジェームズ・フランコ
(引用:IMDb.com, Inc)

前回ご紹介したトビー・マグワイアは、2002年のサム・ライミ監督版『スパイダーマン』でタイトルロールを飾り、「元祖スパイダーマン」だといえる、とお伝えしました。

同作品で、スパイダーマンの「中の人」である主人公の冴えない高校生、ピーター・パーカーは、もちろんトビーが演じていますが、その親友、ハリー・オズボーン役に扮して大ブレイクしたのが、ジェームズ・フランコです。


関連記事:おうちで映画三昧:「イケオジ」作品のススメ ⑲ウィレム・デフォー

■マルチな才能を持つ知性派

ジェームズ・フランコ
(引用:IMDb.com, Inc)

1978年4月19日生まれのジェームズ・フランコは、大学院を卒業し、自身も大学院で教鞭をとるほどの知性派として知られていました。監督、脚本も手掛ける一方で、小説も発表。

2010年には、実在の登山家アーロン・ラルストンに扮した『127時間』で、アカデミー賞主演男優賞にノミネートされるなど、まさに高い演技力とマルチな才能を持っているのです。

続きを読む ■性的虐待の加害者に

ジェームズ・フランコがゴールデングローブ賞主演男優賞を受賞した『スモーキング・ハイ』をPrimeVideoでチェック!

この記事の画像(5枚)

おすすめ記事