「爪が割れちゃった!」はティッシュ1枚で解決!? ネイル亀裂の応急処置法

急に爪が割れてしまった時、手軽に手に入る物でできる応急処置をご紹介します

ネイルケア

作業中、いきなり爪に違和感があり、割れてしまった! という事はありませんか? せっかく伸ばしていたのに、亀裂が入ってしまうと悲しいですよね。

切れる位置の亀裂ならまだマシですが、亀裂が一番入りやすいのが、自爪のピンクの部分と白い部分の境目の場所。ここは負荷がかかりやすい為亀裂が入りやすいのです。

切れる位置に伸びるまで、次のサロンに行けるまで、深爪にならないようなんとか応急処置しておきたい! という時の応急処置方法をご紹介します◎


画像をもっと見る

■一番手軽なネイルグルー

亀裂

ネイルグルーとは、爪専用の接着剤のこと。通常の接着剤とは形状も違い、マニキュアのように刷毛タイプになっているものがほとんど。手軽に買えるのも嬉しいですよね。

亀裂部分にさっと塗布してあげるだけで亀裂がくっついてくれるので、1、2日なんとかしておきたいという場合にはオススメです。頑丈になり過ぎないのでジェルオフをする際もあまり気にならないでしょう。ですが強度としては弱い為気をつけたほうが安心です◎


関連記事:彼の女友達に嫉妬してしまうときの応急処置

■補強用のトップコートを塗る

ドラッグストアに売っている、補強コートというトップコートを使ってみるのも◎通常のトップコートとは違い、硬さが出るので二枚爪や爪が薄くてジェルをお休みしているという方にもオススメ。

亀裂がある場合は、グルーでの補強と合わせて行うのが◎無色透明のものから、ヌーディーカラーの物までお好みで使い分けられるのもオススメのポイントです。

続きを読む ■ティッシュでできる、簡単補強

→【Amazon】対象は2万冊以上! Kindle本夏のビッグセール【最大50%OFF】

この記事の画像(3枚)

おすすめ記事