「努力がいつも空回り…」 がんばりを無駄にしない3つの考え方

「努力しているのに報われない」と思ったら、考え方を少し変えてみるといいかもしれません。

③小さな成功体験を

「成功のハードルが高すぎて、自分が成功していると気づいていない人も多いと思います。特に完璧主義の人は、少しのミスや想定外の出来事があるだけで、物事がすべて失敗したと決めつけることがあるから。


自分を責めるのをやめるには、まずは小さな成功体験を積んで『自分はよくやっている』と自分自身が認めてあげる必要があるんじゃないでしょうか。成功体験は、本当に些細なことでいいんですよ。


『今日は苦手な人にも挨拶できた』とか、『仕事で疲れているのに夕食を作った』とか。そんなことで? と思うようなこともしっかり認める練習をするうちに、仕事や人間関係などスケールが大きくなっても、自分の努力を認めやすくなると思います」(20代・女性)

すぐに結果を求めても、自分が望む未来にはなかなか辿り着けません。

自分のやりたいようにやって、結果的に気づいたら理想の未来に到着していた…の流れが、理想的なのかもしれないですね。

・合わせて読みたい→毎日少しずつ…  理想の自分に近づくために努力していること

(文/fumumu編集部・nana

ハリウッドスターや日本の芸能人も愛飲者多数の「フィジーウォーター」【Amazonでチェック】

おすすめ記事