紗栄子、同世代の男性に怯えられる理由を分析 「比べてると思う」

離婚後、同世代の男性におびえられていた理由は…?

紗栄子23日放送の『グータンヌーボ2』(カンテレ・フジテレビ系)に、モデルでタレントの紗栄子さんが登場。

同じくゲストのフリーアナウンサー・高橋真麻さんから、理想のパートナーについて尋ねられる一幕がありました。


■紗栄子が「たまに結婚したい」と考えるとき

MCを務める女優の長谷川京子さんから「結婚とか考える?」と質問された紗栄子さんは、「どっちでもいいんですけど。してもしなくても。例えば台風や地震の日に寄りかかれる場所がないというときに、たまに結婚したくなりますね」と告白。

また、「最初の結婚のとき、あまり結婚願望がなかった」紗栄子さんは、「この年になると、老後1人は寂しいかもしれない」と思うようになったそう。

「ある程度の年までは1人で楽しんでやっていけそうだけど、体にガタが来たときに、そこから誰かと出会うとなると難しいかもしれない」と語りました。


関連記事:紗栄子「批判でつぶされないムードを」 支援活動について心情を吐露

■叩かれる原因を自己分析

すると、高橋さんから「すごくゴシッパー的な発言しちゃうと、すごいお金ない人でも大丈夫なの?」と鋭く切り込まれますが、紗栄子さんは「全然大丈夫です」とキッパリ。

「みんなが叩く方向に向いちゃうのってそこなのよ」と高橋さんが指摘すると、「前の旦那さんとか表ざたになった方が、社会的にも自立していて、結果を残された方。しかも年俸も出ちゃう人」と振り返り、「お金持ってる方と付き合ってる印象があるかもしれない」と、叩かれた原因を自己分析。

しかし、「個人的にはそこはあまり重要視してなくて、自分が惚れられるかどうかでしかない」と、条件を告白しました。「気も強いし、何とかやろうと思えばやれちゃう」ため、「自分がちゃんと女になれるかどうか」が理想の相手なのだとか。

続きを読む ■「受け入れられるキャパシティは広がった」

ハリウッドスターや日本の芸能人も愛飲者多数の「フィジーウォーター」【Amazonでチェック】

おすすめ記事