加藤浩次が女芸人に… コンプラゆるゆる時代を回想 「絶対いじめやで」

加藤浩次さんも今ではすっかりおとなしく…?過去の「狂犬」ぶりが暴露された他、当時のゆるゆるコンプラも明らかに。

加藤浩次

18日放送の『やすとものいたって真剣です』(ABCテレビ)にて、MCを務める海原やすよさん、ともこさんが、お笑いコンビ・よゐこと共に過去の「芸能界コンプライアンス」について熱弁。

コンプラ及びポリコレの緩かった時代に業界入りした彼女らが当時の風潮を回想し、極楽とんぼの加藤浩次さんらに辛く当たられたエピソードを披露しました。


■かつての「狂犬」

この日、番組内で若手時代を振り返った一同。

「当時は全員がとがっていた」というテロップが出現した後、よゐこの2人が「加藤(浩次)さんもすごくて。光浦とかに…」と、トークを展開しました。

なんでも、ある番組の収録でミニスカートを履いていた光浦さんに「脚綺麗やな!」と話しかけたという濱口優さん。しかし、光浦さんは「これで出たら何か言われるんじゃないか…」と心配そうな表情を浮かべていたのだそうです。

その後、オープニング始まるやいなや速攻で加藤さんが「テメエ色気出してんじゃねーぞコノヤロー!」と怒鳴りつけたことを明かしました。


関連記事:加藤浩次ショック… ナイナイ岡村が「一緒にロケに行きたくない理由」を暴露

■ロケ現場を嫌いに…

続いて、自分たちも極楽とんぼ・今田耕司さんの番組に出演したと明かしたやすよさん・ともこさん。

「私らだけでいった奴、1日地獄やった」と全く楽しいロケではなかったと断言し、「あれはでもな、絶対いじめやて」と主張しました。

なんでも「直接的な意地悪じゃなくて、(物を)買ったる買ったる!って買ってくれるんやけどほんまにいらんもんとか…」という展開があったのだそう。

まず彼等を「怖い」と思って現場入りしているため、ユーモアとして受け取ることが出来なかった他ロケ現場の原宿が大嫌いになってしまったとも明かしています。

続きを読む ■「蹴った、殴られた、蹴り飛ばされた…」

→【2万冊以上が50%還元】Kindle本ポイントキャンペーン

おすすめ記事