ホステスに愛犬家が増えているのはなぜ? ペットを飼う3つの理由

売れっ子になるために、犬を飼うホステスさんも…

犬と女性
(beer5020/iStock/Thinkstock/写真はイメージです)

犬を飼っているホステスさんは、意外と多いようです。

売れっ子だけではなく、お金を貯めるために節約をしているような新人の子の間でも、トイプードルやチワワなどの小型室内犬は大人気です。

でも、手間暇やお金がかかるのに、わざわざペットを飼うのはどうしてなのでしょうか。

fumumu取材班は、ホステスに話を聞いてみました。

 

①相手の警戒心を解くため

「『動物好きな人に悪い人はいない』って、よく言いませんか? もちろん、『ヘビやトカゲなどの爬虫類を飼っている』と言えば、驚かれるかもしれませんけど。

 

『忠実』なイメージがある犬は印象が良く、相手の警戒心を解くのにひと役買っています」(20代・女性)

 

②会話のネタ作りのため

「私を指名して下さるお客様には、犬好きな方が多くいらっしゃいます。中でも、既にお子様が成人されているような年配者は、まるで我が子のように犬を可愛がってらっしゃいますよ。

 

犬との会話はネタが尽きることがないので、最後まで犬の話題だったことも。私はお客様の紹介でトイプードルを飼い始め、飼い方でわからないことなどを相談しているうちに、その方の来店回数が増えました」(20代・女性)

 

③好感度を上げるため

「お客様との会話で『休日の過ごし方』の話題になることが結構あり、『犬とお散歩しています』と言うとウケがいいです。

 

行きたくないアフターに誘われても『家で犬が待っているので…』と言えば、『それなら仕方ないね』と、相手も悪い気持ちにはならないので助かっています」(20代・女性)

 

「お金もいっぱい稼げるし、欲しい物は何でも買ってもらえそう」と、ホステスさんに憧れたことがある女性もいるでしょう。

しかしその中で成功できるのは、お客様を飽きさせることない対話力や同伴やアフターにも付き合い、厳しい夜の世界で生き抜ける女性だけ…

心身ともに擦り減る職業だからこそ、愛犬との時間が唯一の安らぎの空間であり、自分らしくいられる方もいるようです。

・合わせて読みたい→女子は下ネタが話せてほしいと願うおじさんに若い男子から批判の声

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!