斎藤工、定期的に児童養護施設を訪問 その理由に「素敵な足長おじさん」と反響

昨年から児童養護施設を訪問しているという斎藤工さん。“点”じゃなくて“線”という意識に好感の声

斎藤工

13日、俳優の斎藤工さんが、パーソナリティを務めるラジオ『TAKUMIZM』(bayfm)で、昨年から児童養護施設を訪問していることを告白。

その理由と方針に好感の声が上がっています。


■20代30代は「自分を優先してきた」

番組終盤「毎朝鏡に向かってピースサインをする」というリスナーからのメールを紹介した斎藤さん。自分を客観的に見るためには、まず自分を機能させることが必要、という意見に「分かってますね」と同調していました。

斎藤さん自身、腸活や筋活をしていくうちに“人間という機能はそれぞれの特性が絶対にある”と悟ったそうで、「機能美というものが人間の美しさ」だと語ります。

現在斎藤さんは40歳ですが「20代30代なんかは、まだまだ自分を優先してきた」と自覚しており「それって本当の機能じゃないな」と、振り返りました。


関連記事:前澤友作氏、クリスマス企画の途中経過を報告 ひっそりお金配りも実施中

■移動映画館活動で“責任感”を覚えた

そんな斎藤さんですが、「本当に自分が機能してた」と感じたのは『cinema bird』の活動からなのだそう。。

『cinema bird』とは、斎藤さんが発案し、2014年から始まった移動映画館のプロジェクトで、映画館がない地域の子供たちに映画を見せる活動です。

初開催の時に、初めて映画を体験した子供達の目を見た時に、責任感を覚えたという斎藤さん。「そこから自分の“マスト”というものが生まれました」と話します。

続きを読む ■“謎のおじさん”として児童養護施設を訪問

Amazonブラックフライデー最終日!

おすすめ記事