ハライチ岩井「とにかく信用していない」存在を明かし、劇団ひとりも同意

ネタ見せの作家について、出演者が口々に疑問を抱く場面も…?

ハライチ・岩井勇気23日放送の『ゴッドタン』(テレビ東京系)に、お笑いコンビ・ハライチの岩井勇気さんが登場。 尖っていた過去のエピソードを披露しました。


■ネタ見せを無視していた理由

今回は「お笑いを存分に語れるBAR お笑い青春尖っちゃった事件簿」をテーマにトークを展開。

さっそく、MCを務めるお笑いタレント・劇団ひとりさんから「岩井さんなんて現役で尖ってる」とイジられると「昔はもっとでしたよ」と答えた岩井さん。

「ハライチはネタ見せはどんな感じだったの?」と尋ねられると、岩井さんは「とにかく作家のことは信用してしなかった」とのことで、ネタのダメ出しは、相方・澤部佑さんに全部受け答えさせていたことを回顧。「自分はシカトしていた。なので、みんな澤部がネタを作っていると思っていた」と告白しました。

作家のダメ出しを無視していた理由は、「ネタもやったことないような奴らが『何が分かるんだよ』と」思っていたようです。


関連記事:ハライチ岩井、相方・澤部の能力を認めるもチクリ 「汚いですよね」

■澤部に受け答えさせて自分は…

さらに「澤部はネタのことなんかひとつも分かんないのに、分かってるような感じで受け答えさせていた」と語ると、スタジオは爆笑。「俺は知らないっすみたいな感じで横にいました」と続けると、出演者から「すげえなあ」と感心する声が漏れました。

すると劇団ひとりさんも自身の過去を振り返り「作家にいろいろとダメ出しされたんだけど、あの言うことをちゃんと聞いてて売れた人って一人もいないよね?」と話を振ると、岩井さんも「いないっすね」と即答。

お笑いコンビ・アンガールズの田中卓志さんも「一緒にネタ見せしてた芸人が、辞めて『作家になります』って言ったら急に向こうに座ってる。『昨日こっち側でスベってたじゃん』って」と思いを明かしました。

続きを読む ■「岩井はやっぱり違う」「誰だよその作家」

→Amazonで購入前にギフト券チャージ! ポイント最大2.5%還元

おすすめ記事