いま地球のために何ができる? 『グレタ ひとりぼっちの挑戦』で考える

スウェーデンの環境活動家、グレタ・トゥーンベリ。18歳の少女のリアルな姿から、環境問題を考える

『グレタ』
(© 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.)

グレタ・トゥーンベリ。この名前を聞いたことがあるかも? という方は、意外に多いと思います。

彼女は、スウェーデンの環境活動家。2018年、当時15歳だったグレタは、気候変動に対する政府の無関心に抗議するため、ストックホルムにある国会議事堂の前で、学校ストライキを開始しました。

それも、たった1人で。

そんなグレタの姿を追ったドキュメンタリー映画『グレタ ひとりぼっちの挑戦』が、10月22日から公開になります。

『グレタ』
(© 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.)

たった1人の少女が、世界を動かすまでを緻密に追ったリアルな本作、その魅力に迫ってみましょう。


画像をもっと見る

■スウェーデンの少女が変化を起こす

『グレタ』
(© 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.)

グレタは、2003年、オペラ歌手の母・マレーナ、俳優で作家の父・スヴァンテの長女として生まれました。2021年現在は、18歳となり、妹のベアタと4人家族で、ストックホルムで暮らしています。

グレタが環境問題に関心を持つきっかけになったのは、2011 年、学校の授業で、環境問題に関する映画を観たこと。

ものすごくショックを受けたグレタは、その後、摂食障害になるほどだったそうです。


関連記事:あおり運転されたらどうする? 答えは映画『アオラレ』の中に

■二度のノーベル平和賞ノミネート

『グレタ』
(© 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.)

「私が学校ストライキを始めたことで、色々なことが起ったのは確か」とグレタは振り返ります。

たった1人でグレタが始めた活動でしたが、それに感化された世界中の若者たちが、環境問題に関心を向け、声を上げるようになりました。

『グレタ』
(© 2020 B-Reel Films AB, All rights reserved.)

そして2019年、20年と2年連続でノーベル平和賞にノミネートされるなど、グレタの名は、世界規模で知られていくことになります。

続きを読む ■”もう時間がない”

→Amazonプライム会員だけが参加できる年に一度のビッグセール「プライムデー」7月12、13日。初回登録は30日無料。

この記事の画像(7枚)

おすすめ記事