EXIT兼近、人間ドックで突然死の可能性が指摘 「精密検査を…」

不整脈や、入浴中の失神…といった症状が実際に起きているようです。

兼近大樹

お笑いコンビ・EXITが17日、自身のYouTubeチャンネル『EXIT Charannel』(登録者数71.5万人)を更新。

人間ドックを受けたところ、兼近大樹さんに思わぬ病気の可能性が浮上しました。


■人間ドック企画

今回、チャンネルでは人間ドックを受ける企画を実施。一般的な検査項目のほか、胃カメラ(兼近さんは初)まで受け、しっかりえずいたのち、医師との問診タイムが開始することに。

すると早速、りんたろー。さんに要治療の所見が。上部消化管内視鏡検査にて、萎縮性胃炎が発見されたのです。放置して進行すると胃がんになる可能性がありますが、ピロリ菌の検査で陽性反応が出ていたため、おそらくその影響とのこと。その他にも、びらん性胃炎、逆流性食道炎、食道裂孔ヘルニアが確認されたそうです。

【動画】EXIT兼近さん、医師から突然死リスクを告げられ…


関連記事:EXIT兼近、増加する“人間関係リセット症候群”に言及 「リセット済み」

■兼近さんにブルガダ症候群の可能性が?

そんな風に、様々な症状が指摘されたりんたろー。さんですが、実は本番はここから。兼近さんに話が移ると、要治療判定はなかったものの、精密検査を受けるべき項目が。それは心臓です。

先生によると、発作が起こると心室細動(心臓が細かく震え、規則的な拍動を失うことで、全身に血液を送れなくなる状態のこと)になる『ブルガダ症候群』という疾患があり、幸いにも現状ではブルガダ症候群とまではいかないものの、「ブルガダ型の心電図だった」とのこと。

不整脈を起こすブルガダ症候群ですが、その種類が厄介で、最終的に心臓突然死に繋がるケースもあるそう。

続きを読む ■心当たりがたくさん…

→5月28日9時から【Amazonタイムセール祭り】食料品10%ポイント還元キャンペーン同時開催

おすすめ記事