田中みな実、女優仕事への心境語る 「有名だからっていい役もらってるって…」

田中みな実さんが自身の女優仕事について熱弁。イメージ故にやっかみを受けることもあると告白。

田中みな実12日放送の『グータンヌーボ2』(関西テレビ・フジテレビ系)にて、MCを務める田中みな実さんが自身の女優活動に言及。

女優の佐藤仁美さん、タレントのIVANさんと共に「女優とバラエティー番組の両立」について語りました。


■イメージに悩み

それぞれ強烈な「キャラ」を持った3人を集め、結婚や別れ、そして仕事についてのトークが繰り広げられた本番組。番組中盤では「女優がバラエティー番組に出る弊害」というお題が提示され、近年ドラマ出演が増えつつある田中さんが現在の心境を語りました。

IVANさんが「芝居はワークショップいったりとか、勉強とかされてたんですか?」と問いかけると、田中さんは「今全然やってなくて」と回答。「どうしても田中みな実というイメージが良くも悪くもある」と、フリーアナウンサーとして有名になった自身への葛藤が見受けられました。


関連記事:田中みな実、“嫌いな女”を一蹴 「嫌われているほうが伸びしろがある」

■「ちょっと有名だからって…」という意見

続いて田中さんは「認知はしてもらえるけど、逆に田中みな実になっちゃうから、邪魔になっちゃうんじゃないかなと思って…お芝居の中で」と告白。「ちょっと有名だからって良い役もらってる…って思う人もいるし」と、様々な意見が寄せられていることを自覚していると明かしました。

『M 愛すべき人がいて』(テレビ朝日系)で怪演を見せ、『ボクの殺意が恋をした』(日本テレビ系)、今期では『最愛』(TBS系)に出演し徐々に活動の幅を広げつつある田中さんですが、人気者ゆえの悩みも多数あるようです。

続きを読む ■先輩女優からのアドバイスは…

おすすめ記事