明石家さんま、真夜中に佐藤栞里と遭遇 「ガニマタで…」

明石家さんまさんが、夜中に佐藤栞里さんと道で遭遇したことを明かしました。

明石家さんま

12日に放送された『踊る!さんま御殿!!』(日本テレビ系)で、司会の明石家さんまさんが、タレントの佐藤栞里さんと真夜中に遭遇したエピソードを語りました。


■テーマ「ショックを受けたこと」

今回、番組には話題の有名人が大集合。そんな中、お笑いコンビ・ぺこぱの松陰寺太勇さんが『最近かなりショックを受けたこと』というテーマでトークを繰り広げることに。

松陰寺さんによると最近、テレビ局の喫煙所でスッピンかつ私服の姿でタバコを吸っていたとき、初対面のスタッフと野球の話で盛り上がったことがあったそう。

しかしその後、着替えてメイクをした状態で同じ喫煙所に入り、同じスタッフと再会するも「どうもはじめまして」とあいさつされ、違う人物として認識されたとのこと。


関連記事:明石家さんま、家事は“母親ルール“で妻たちから大ヒンシュク 「ヤバい」

■「いることに気付かれない」悩み

この話を踏まえて、さんまさんが「栞里ちゃんもあるやろ? 間違いとか…」と尋ねると、対する佐藤さんは「間違いというか…いることに気付かれない」と答えます。

佐藤さんいわく、共演者のヒロミさんがあいさつをしてくれるものの、いつも目が合わないそうで「見られてないんだっていうことすごいあるんです」とのこと。

この話を受け「全然見てたよ!」と返すヒロミさんでしたが、佐藤さんは「私から(挨拶に)行けばよかった…」と悩んでしまうことが、結構あるのだと打ち明けます。

続きを読む ■真夜中に佐藤さんと遭遇

おすすめ記事