セクマイは「理解」よりも「認める」を求める? 当事者に聞いた

LGBTQ

LGBTをはじめとしたセクシャルマイノリティについて「理解したい」「理解するためにどういう心持ちでいれば良いか」と考える人は少なくありません。 しかし一方で、セクマイに対する向き合い方は「理解」というよりも「認める」なのではないかという考えを持つ人もいます。 どういうことなのでしょうか。fumumu取材班は聞いてみました。  

続きを読む

おすすめ記事