本気だったはずが「ひと夏の恋」で終わった3人の残念なエピソード

甘酸っぱい思い出ばかりではなさそう…

海にたたずむ女性
(bbossom/istock/Thinkstock/写真はイメージです)

気持ちが開放的になる夏は、恋も盛り上がりがち。たとえ見ず知らずの相手であったとしても、旅行先や海水浴場などで出会い、その場で意気投合して…と、ロマンチックな展開もあるでしょう。

しかし、女性側が本気だったとしても男性側は遊びだったなど、なかにはひと夏の恋で終わってしまうことも。

そこで、fumumu取材班は、ひと夏の恋で終わっちゃった残念な体験談について、女性に話を聞いてみました。

 

①民宿でバイトしている…

「女子5人で行った新島旅行で、宿泊先にリゾートバイトで働いていた男性と意気投合。同じ都内在住だと言うので、帰ったら必ず会う約束で、その日の夜に体の関係にまでなりました。

 

しかし、島を出た後、彼に電話しようとしたら、『おかけになった電話番号は現在使われておりません』とアナウンスが…。

 

もしかしたら、電話番号を私が聞き間違えたのかもしれませんが、彼と会えることは二度とありませんでした」(20代・女性)

 

②海で出会った…

「鵠沼海岸へ遊びに行ったとき、サーファーの彼と出会いました。海に入っている時の彼はとてもカッコよくて…私からアプローチして付き合うことに。

 

しかし、ある日、彼が地元のサーファーではないことが発覚。夏休みが終わったと同時に、故郷の東北に帰ってしまいました。

 

こうして、彼とは自然消滅してしまいました」(10代・女性)

 

③クラブでナンパ…

「クラブでナンパしてきた男性。VIPシートに私を呼んでシャンパンをオーダーしてくれるなど、すっかり舞い上がってしまいました。

 

しばらく一緒に飲んだ後、『俺の女にならない?』と言い出した彼。私は二つ返事でOKしたのですが…ふたりで会えるのは、彼から連絡があった時だけ。

 

結局、体だけの関係で終わってしまいました」(20代・女性)

 

■夏の雰囲気に惑わされないように

気持ちの燃え上がり方が激しい分、上手くいかなかった時のダメージも大きい夏の恋。

これからの時期は、いつも以上に相手選びには慎重になった方が良さそうです。

・合わせて読みたい→すぐに意気投合できる! 男子に好印象な「持ち物の褒め方」3選

(文/fumumu編集部・NANA

この記事の画像(1枚)

おすすめ記事


fumumuをフォローしよう!